あいがみ 意味

発音を聞く:
  • 【藍紙】
    (1)「青花紙(アオバナガミ)」に同じ。
    (2)藍色に染めた和紙。

  • 【間紙】
    〔「あいし」とも〕
    (1)汚損を防ぐために物と物との間にはさむ紙。
    (2)印刷で,インクの汚れを防ぐため,印刷済みの紙の間にはさむ紙。

  • いがみあい:    【啀み合い】 互いに敵意をもって対立すること。 「境界線争いから―になる」
  • いがみ-あい:    ―アヒ [0] 【啀み合い】互いに敵意をもって対立すること。「境界線争いから―になる」
  • いきあいがみ:    【行(き)合い神】 不用意に出会うと祟(タタ)りをする神霊。頭痛がしたり,胸苦しくなったりするという。水神・山の神・便所の神などがそれとされることが多い。いきあい。ゆきあいがみ。 →ひだる神

例文

  1. 『愛が見えない』(あいがみえない)は、ZARDの15thシングル。
  2. 行逢神、行き逢い神(ゆきあいがみ)とは、人や動物に行きあって災いを成すとされる神霊の総称。

隣接する単語

  1. "あいがかり" 意味
  2. "あいがき" 意味
  3. "あいがさ" 意味
  4. "あいがた" 意味
  5. "あいがたり" 意味
  6. "あいがめ" 意味
  7. "あいがめやく" 意味
  8. "あいがめ-やく" 意味
  9. "あいがも" 意味
  10. "あいがた" 意味
  11. "あいがたり" 意味
  12. "あいがめ" 意味
  13. "あいがめやく" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社