あいづ 意味

発音を聞く:
  • 【会津】
    福島県の会津盆地を中心とする地域名。

  • 【会津】
    姓氏の一。

  • あいづくり:    【相作り】 赤身の魚の刺身と,白身の魚の刺身とを並べた料理。
  • あいづち:    【相鎚・相槌】 (1)鍛冶(カジ)で,師匠の打つ鎚に合わせて弟子が鎚を入れること。あいのつち。向かい鎚。 (2)相手の話に調子を合わせてする応答。 ――を打・つ 相手の話に合わせて受け答えの言葉をはさんだり,うなずいたりする。
  • あいづぬり:    【会津塗】 会津で製作される漆器。日用雑器を主とし,朱漆の杯と消粉蒔絵(ケシフンマキエ)を特色とする。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. なあ 何であいづら 走んなくていいな?
  2. あいづらは実力あっからいいなよ
  3. あいづら 何の役にも立だねべ?
  4. でも 正直いって 親戚として つきあいづらいよね
  5. 何だ あいづ

隣接する単語

  1. "あいつう" 意味
  2. "あいつうずる" 意味
  3. "あいつぐ" 意味
  4. "あいつとめる ①-" 意味
  5. "あいつら" 意味
  6. "あいづくり" 意味
  7. "あいづごよみ" 意味
  8. "あいづじょう" 意味
  9. "あいづせんそう" 意味
  10. "あいつとめる ①-" 意味
  11. "あいつら" 意味
  12. "あいづくり" 意味
  13. "あいづごよみ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社