あい-ご 意味

発音を聞く:
  • アヰ― [0]
    【藍子】

    スズキ目の海魚。全長30センチメートル内外。体は楕円形で側扁する。体色は緑がかった暗褐色で,一面に小斑点がある。背びれ・腹びれ・尻びれに毒腺をもつ鋭いとげがある。食用。幼魚をバリコという。本州中部以南の暖海に分布。

  • あいさつ-ご:    [0] 【挨拶語】挨拶に使われる一定の型をもった言葉。「今日は」「お早う」「御機嫌よう」「さようなら」の類。
  • ご-あいさつ:    [2] 【御挨拶】(1)相手を敬って挨拶を丁寧に言う語。(2)相手の失礼な言い方などに対して皮肉を込めて言う語。あきれた言いざま。「これは―だね」
  • :    「こ」の濁音の仮名。軟口蓋破裂音の有声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。現代共通語では,この音は主として語頭に用いられ,語中・語尾では,その頭子音が軟口蓋鼻音となるのが一般である。これを鼻濁音の「ご」といい,必要に応じ「こ(コ)」に半濁点「°」を付けて示すことがある。 〔奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり,発音上区別があったとされる〕 ; 枯れて落ちた松葉。 「―をたいて手拭

隣接する単語

  1. "あい-こ" 意味
  2. "あい-こう" 意味
  3. "あい-こく" 意味
  4. "あい-ことな・る" 意味
  5. "あい-ことば" 意味
  6. "あい-ごう" 意味
  7. "あい-ごし" 意味
  8. "あい-ごま" 意味
  9. "あい-さ" 意味
  10. "あい-ことな・る" 意味
  11. "あい-ことば" 意味
  12. "あい-ごう" 意味
  13. "あい-ごし" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社