あおち 意味

発音を聞く:
  • 【煽ち】
    風が物をあおること。また,その風。
    「障子の―ざわざわざわ/浄瑠璃・会稽山」

  • 【青地】
    姓氏の一。

  • あおちゃ:    【青茶】 (1)灰汁(アク)につけてから蒸した茶。質は悪い。 (2)染め色の名。青みがかった茶色の総称。
  • あおち-びんぼう:    アフチ―ボフ 【煽ち貧乏】いくら稼いでも追いつかない貧乏。「これかや―といふなるべし/浮世草子・胸算用 5」
  • あおち-りんそう:    アヲチ― 【青地林宗】(1775-1833) 江戸後期の蘭学者・医者。伊予松山藩の侍医の子。名は盈(エイ)。医書のほか物理や地理などの自然科学書の訳述を行う。著「気海観瀾(キカイカンラン)」は日本で最初の物理学書。他に「格物綜凡」「輿地誌略(ヨチシリヤク)」など。

隣接する単語

  1. "あおだけいろ" 意味
  2. "あおだけ-いろ" 意味
  3. "あおだたみ" 意味
  4. "あおだち" 意味
  5. "あおだも" 意味
  6. "あおちびんぼう" 意味
  7. "あおちゃ" 意味
  8. "あおちりんそう" 意味
  9. "あおち-びんぼう" 意味
  10. "あおだち" 意味
  11. "あおだも" 意味
  12. "あおちびんぼう" 意味
  13. "あおちゃ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社