あお-なし 意味

発音を聞く:
  • アヲ― [0]
    【青梨】

    果皮の色が薄い緑色のナシ。

  • あおなし:    【青梨】 果皮の色が薄い緑色のナシ。
  • あお:    【襖】 〔「襖」の字音「あう」の転〕 (1)武官の朝服。「闕腋(ケツテキ)の袍(ホウ)」に同じ。 (2)「狩衣(カリギヌ)」に同じ。狩襖(カリアオ)。 「萩の―,紫苑の織物の指貫(サシヌキ)着て/更級」 (3)袷(アワセ)または綿入れの衣。襖子(アオシ)。 「紺の洗ひざらしの―着/宇治拾遺 11」 〔原始衣服と大陸から伝わったものが混在・融合したもの〕 ; 【青】 ※一※ (名) (1)色の名
  • なし:    【生し】 〔動詞「なす(生)」の連用形から〕 産むこと。 「父母が―のまにまに/万葉 1804」 ; 【成し・為し】 〔動詞「なす(成)」の連用形から〕 そうすること。せい。 「目も鼻もなほし,とおぼゆるは心の―にやあらむ/源氏(総角)」 ; 【無し】 〔文語形容詞「なし」の終止形から〕 (1)存在しないこと。ないこと。無(ム)。 「今までのことは―にしよう」 (2)他の語の下に付いて複合

隣接する単語

  1. "あお-とかげ" 意味
  2. "あお-どうしん" 意味
  3. "あお-どさ" 意味
  4. "あお-どろ" 意味
  5. "あお-な" 意味
  6. "あお-に" 意味
  7. "あお-にさい" 意味
  8. "あお-にび" 意味
  9. "あお-にょうぼう" 意味
  10. "あお-どろ" 意味
  11. "あお-な" 意味
  12. "あお-に" 意味
  13. "あお-にさい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社