あかかぶ 意味

発音を聞く:
  • 【赤蕪】
    根の外皮または内まで紫赤色をしたカブ。主に漬物とする。食用ビートやラディッシュをいうこともある。

  • あか-かぶ:    [0] 【赤蕪】根の外皮または内まで紫赤色をしたカブ。主に漬物とする。食用ビートやラディッシュをいうこともある。
  • かんかかぶ:    【換価株】 ⇒貯蔵株(チヨゾウカブ)
  • あかかがち:    【赤酸漿】 ホオズキの古名。 「その目は―の如くして/古事記(上)」

例文

  1. 赤かぶ検事(あかかぶけんじ)の愛称で知られる。
  2. 赤カブ(あかかぶ)は、次の野菜のうち根が赤い品種。
  3. 赤かぶ検事奮戦記(あかかぶけんじふんせんき)とは、 和久峻三執筆による『赤かぶ検事シリーズ』(司法試験に受験し合格したエリートではなく検察事務官から叩き上げで検事になった赤かぶ検事こと柊茂(ひいらぎ しげる)が活躍する法廷ミステリー小説)を原作にしたフランキー堺主演によるテレビドラマ・シリーズの総称。

隣接する単語

  1. "あかかがち" 意味
  2. "あかかき" 意味
  3. "あかかげ" 意味
  4. "あかかびびょう" 意味
  5. "あかかび-びょう" 意味
  6. "あかかりぎぬ" 意味
  7. "あかかんじょう" 意味
  8. "あかがい" 意味
  9. "あかがえる" 意味
  10. "あかかびびょう" 意味
  11. "あかかび-びょう" 意味
  12. "あかかりぎぬ" 意味
  13. "あかかんじょう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社