あかぎ 意味

発音を聞く:
  • 【赤城】
    (1)「赤城山」の略。
    (2)旧日本海軍の代表的航空母艦。基準排水量36500トン。1942年(昭和17)6月,ミッドウェー海戦で沈没。

  • 【赤木】
    (1)トウダイグサ科の常緑高木。沖縄・台湾・東南アジア・オーストラリアなどに分布。高さ20メートルに達する。樹皮は赤褐色。葉は三小葉からなる複葉。花は小さく黄緑色。材は赤褐色を帯び,装飾材・家具材とする。カタン。
    (2)皮を削った丸木。
    ⇔黒木
    (3)花梨(カリン)・蘇芳(スオウ)・紫+もっと...
  • あかぎこ:    【赤城湖】 赤城山の地蔵岳の北側にある火口原湖,大沼(オノ)の通称。湖面海抜1320メートル。
  • あかぎっぷ:    【赤切符】 〔赤い色をしていたことから〕 もと,汽車の三等乗車券の俗称。
  • あかぎつね:    【赤狐】 (1)日本からユーラシア・北アメリカ・北アフリカに分布する,典型的なキツネ。 (2)キツネの色相の一。全身赤黄色で,俗にいう狐色の毛色のキツネ。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. あかぎれが一瞬で治る薬があったらいいのになあ。
  2. 唇が乾いてる時にできる、あかぎれのチャップ
  3. チャップ(あかぎれ)
  4. あかぎ」は新特急の名称を与えられる。
  5. 赤城(あかぎ)は日本海軍の航空母艦。

隣接する単語

  1. "あかがわおどし" 意味
  2. "あかがわ-おどし" 意味
  3. "あかきこころ" 意味
  4. "あかきん" 意味
  5. "あかき-こころ" 意味
  6. "あかぎこ" 意味
  7. "あかぎっぷ" 意味
  8. "あかぎつね" 意味
  9. "あかぎぬ" 意味
  10. "あかきん" 意味
  11. "あかき-こころ" 意味
  12. "あかぎこ" 意味
  13. "あかぎっぷ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社