あかすぐり 意味

発音を聞く:
  • 【赤酸塊】
    ユキノシタ科の落葉小低木。ヨーロッパ原産。高さ1メートル。葉は掌状に五裂。春,房状に緑白色の花をつけ,果実は赤く熟し食用となる。フサスグリ。

  • あか-すぐり:    [3] 【赤酸塊】ユキノシタ科の落葉小低木。ヨーロッパ原産。高さ1メートル。葉は掌状に五裂。春,房状に緑白色の花をつけ,果実は赤く熟し食用となる。フサスグリ。
  • すぐり:    【酸塊】 (1)ユキノシタ科の落葉低木。本州中部地方の山地に生える。枝はよく分枝し,葉は円形で三~五裂する。果実は長球形で赤褐色に熟し,食べられる。 (2)グーズベリーやカラントの通称。 ; 【村主】 〔「すくり」とも。古代朝鮮語「スキ(=村)」「ニリム(=主)」に関係があるか〕 古代の姓(カバネ)の一。韓・漢からの渡来人の統率者に与えられた。
  • えりすぐり:    【選りすぐり】 えりすぐること。また,えりすぐったもの。

隣接する単語

  1. "あかじ-ゆうし" 意味
  2. "あかす" 意味
  3. "あかすかべい" 意味
  4. "あかすか-べい" 意味
  5. "あかすぎ" 意味
  6. "あかすり" 意味
  7. "あかず" 意味
  8. "あかずきん" 意味
  9. "あかずな" 意味
  10. "あかすか-べい" 意味
  11. "あかすぎ" 意味
  12. "あかすり" 意味
  13. "あかず" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社