あかるいさま 意味

発音を聞く:
  • 明るいところ
  • あかるい:    【明るい】 〔動詞「明(アカ)る」から派生した語〕 (1)光が十分にある状態である。また,そのように感じられる状態である。 「―・い照明」「―・い部屋」「月が―・い」「―・いうちに帰る」「ライトが顔を―・く照らし出す」「―・いレンズ」 (2)色が澄んでいる。黒や灰色などがまじらず鮮やかである。彩度が高い。 「―・い色」「―・い紺」 (3)人の性格や表情,またかもし出す雰囲気などが,かたわらにい
  • うすあかるい:    【薄明るい】 ほんのりと明るい。少し明るい。 ⇔薄暗い 「東の空が―・くなる」
  • あかる:    【赤る】 赤くなる。赤らむ。 「―・る橘うづにさし/万葉 4266」 ; 【明る】 明るくなる。 「初め火燄(ホノオ)―・る時に生める児,火明命(ホノアカリノミコト)/日本書紀(神代下訓)」 ; 【散る・別る】 集まっていたものがばらばらになる。 (1)その場所から離れる。退出する。 「人人―・るるけはひなどすなり/源氏(空蝉)」 (2)分散する。 「火しめりぬめりとて―・れぬれば/蜻蛉(

隣接する単語

  1. "あかり-とり" 意味
  2. "あかり-どこ" 意味
  3. "あかり-まど" 意味
  4. "あかる" 意味
  5. "あかるい" 意味
  6. "あかるひめのかみ" 意味
  7. "あかるひめ-の-かみ" 意味
  8. "あかるみ" 意味
  9. "あかるむ" 意味
  10. "あかる" 意味
  11. "あかるい" 意味
  12. "あかるひめのかみ" 意味
  13. "あかるひめ-の-かみ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社