あか-だま 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【赤玉・赤珠】

    (1)赤い玉。
    (2)碧玉(ヘキギヨク)の一種。赤色で庭石や盆石として珍重される。佐渡などに産する。
    (3)琥珀(コハク)。[本草和名]

  • あかしだま:    【明石玉】 珊瑚珠(サンゴジユ)に模してつくった練り物。紅色の玉で,かんざしや装飾品にする。明石産。
  • あかし-だま:    [0] 【明石玉】珊瑚珠(サンゴジユ)に模してつくった練り物。紅色の玉で,かんざしや装飾品にする。明石産。
  • あかだま:    【赤玉・赤珠】 (1)赤い玉。 (2)碧玉(ヘキギヨク)の一種。赤色で庭石や盆石として珍重される。佐渡などに産する。 (3)琥珀(コハク)。[本草和名]

隣接する単語

  1. "あか-だいこん" 意味
  2. "あか-だし" 意味
  3. "あか-だすき" 意味
  4. "あか-だな" 意味
  5. "あか-だに" 意味
  6. "あか-ちゃ" 意味
  7. "あか-ちゃん" 意味
  8. "あか-ちゃ・ける" 意味
  9. "あか-ちょうちん" 意味
  10. "あか-だな" 意味
  11. "あか-だに" 意味
  12. "あか-ちゃ" 意味
  13. "あか-ちゃん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社