あがりこむ 意味

発音を聞く:
  • 【上がり込む】
    他人の家などに遠慮なく上がる。上がってすわる。
    「勝手に―・む」
    ‖可能‖ あがりこめる

  • 転がりこむ:    転がりはいる
  • ころがりこむ:    【転がり込む】 (1)回転して,はいりこむ。 「ボールが穴に―・む」 (2)生活に困ったりして,人の家にはいりこんで世話になる。ころげこむ。 「火事で焼け出されて兄のところに―・んだ」 (3)物や金などが思いがけず手にはいる。ころげこむ。 「思わぬ大金が―・む」「幸運が―・む」 ‖可能‖ ころがりこめる
  • おきあがりこぼし:    【起き上(が)り小法師】 底に錘(オモリ)を仕込み,倒れてもすぐに起き上がるようにした人形。達磨(ダルマ)の人形が多い。不倒翁。起き返り小法師。

例文

  1. 何してんの 勝手にあがりこむなんてキモイ
  2. 折からの冷え込みで体調を崩していた伊佐間は、朱美にいざなわれるまま彼女の家へとあがりこむ
  3. 「節足動物研究会」という偽のサークルを名乗り春の家へとあがりこむなど、異様なまでに春に執着している。
  4. たとえばのび太の写真としずかのママの写真をケースに入れれば、のび太はしずかの家である源家へ子供としてあがりこむことができ、しずかのママは疑うことなくのび太を息子として扱ってくれる。
  5. 開始当初はリポーターが今で言うところの“アポ無し”で民家にあがりこむことに対し苦情が絶えなかったが、番組の人気が上がるに連れ、苦情の代わりに「私の街にも是非来て下さい」というラブコールがかかるようになった、と言われる。

隣接する単語

  1. "あがり" 意味
  2. "あがりうま" 意味
  3. "あがりおり" 意味
  4. "あがりがまち" 意味
  5. "あがりぐち" 意味
  6. "あがりさがり" 意味
  7. "あがりざしき" 意味
  8. "あがりぜん" 意味
  9. "あがりだか" 意味
  10. "あがりがまち" 意味
  11. "あがりぐち" 意味
  12. "あがりさがり" 意味
  13. "あがりざしき" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社