あきやまさねゆき 意味

発音を聞く:
  • 【秋山真之】
    (1868-1918) 海軍中将。愛媛県生まれ。日露戦争で東郷司令長官の参謀。戦略家として知られた。「天気晴朗なれども波高し」などの戦報の文章は有名。

  • あきやま-さねゆき:    【秋山真之】(1868-1918) 海軍中将。愛媛県生まれ。日露戦争で東郷司令長官の参謀。戦略家として知られた。「天気晴朗なれども波高し」などの戦報の文章は有名。
  • あきやま:    【明山】 江戸時代,藩が管理する山のうち,住民に利用・採取を許した山林。 →留山(トメヤマ) ; 【秋山】 姓氏の一。 ; 【秋山】 秋の季節の山。秋の山。﹝季﹞秋。
  • あきやまの:    【秋山の】 秋の山が紅葉するところから,「したふ(=赤ク色ヅク)」「色なつかし」にかかる。 「―したへる妹/万葉 217」「―色なつかしき/万葉 3234」

隣接する単語

  1. "あきやしき" 意味
  2. "あきやすい" 意味
  3. "あきやま" 意味
  4. "あきやまぎょくざん" 意味
  5. "あきやまごう" 意味
  6. "あきやまていすけ" 意味
  7. "あきやまの" 意味
  8. "あきやまよしふる" 意味
  9. "あきやま-ぎょくざん" 意味
  10. "あきやまぎょくざん" 意味
  11. "あきやまごう" 意味
  12. "あきやまていすけ" 意味
  13. "あきやまの" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社