あぐ 意味

発音を聞く:
  • 【上ぐ・揚ぐ・挙ぐ】
    ⇒あげる

  • 【鐖・逆鉤】
    釣り針の針先の内側に逆向きに付いている突起。かかり。かえし。あぎと。

  • あぐい:    【安居院】 比叡山東塔の竹林院の里坊。京都市上京区大宮通にあったがのち廃絶。一二世紀末,説法に長じた澄憲・聖覚がここに居住したことで有名。 ; 【阿久比】 愛知県西部,知多郡の町。知多半島北部の阿久比川に沿う。
  • あぐみ:    【足組み・胡坐】 足を組んで座ること。あぐら。 「丈六―の像」
  • あぐむ:    【足組む】 足を組んで座る。あぐらをかく。 「―・むとも寝まるとも,心まかせに打ちくつろぎて語りめせ/読本・双蝶記」 ; 【倦む】 物事に行きづまって,どうにもしようがなくなる。また,もてあます。あぐねる。現代では動詞の連用形の下に付いて用いられることが多い。 「攻め―・む」「考え―・む」「神曲の大いなる二巻には,我ほと―・みしが/即興詩人(鴎外)」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 私はどの車を買うか決めあぐねています。
  2. 女の子があぐらをかいて座るものではない。
  3. 私は彼女を待ちあぐんだ。
  4. あぐらをかいていられる 状況ではない
  5. なれど お味方が 攻めあぐねいている時に

隣接する単語

  1. "あく-りゅう" 意味
  2. "あく-りょう" 意味
  3. "あく-りょく" 意味
  4. "あく-れい" 意味
  5. "あく-ろ" 意味
  6. "あぐい" 意味
  7. "あぐねる" 意味
  8. "あぐみ" 意味
  9. "あぐむ" 意味
  10. "あく-れい" 意味
  11. "あく-ろ" 意味
  12. "あぐい" 意味
  13. "あぐねる" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社