あげまい 意味

発音を聞く:
  • 【上米】
    1722年,八代将軍吉宗が,幕府の財政窮乏を救うため,諸大名に,一万石につき百石の割合で毎年上納させた米。31年に廃止。

  • かいあげまい:    【買上米】 政府が民間から買い上げる米。
  • あげまき:    【揚巻】 歌舞伎「助六(スケロク)」で,助六の愛人である遊女の名。京都で万屋助六と心中した島原の遊女揚巻がモデル。 ; 【総角・揚巻】 (1)古代の少年の髪形。頭髪を中央から二分し,耳の上で輪の形に束ね,二本の角のように結ったもの。また,その髪形の少年。角髪(ツノガミ)。 (2)「揚巻結び」の略。 (3)鎧(ヨロイ)の背や兜(カブト)の鉢の後ろの環につけた,揚巻結びの緒。 →大鎧(オオヨロイ)
  • あげまく:    【揚(げ)幕】 (1)能舞台で,橋懸(ハシガ)かりと鏡の間との境にある幕。切り幕。お幕。 →能舞台 (2)歌舞伎で,花道への出入り口の幕。

例文

  1. 上米の制(あげまいのせい)とは、江戸幕府が享保の改革の際に出した制度。

隣接する単語

  1. "あげびょうし" 意味
  2. "あげふ" 意味
  3. "あげぶた" 意味
  4. "あげぶたい" 意味
  5. "あげぼうし" 意味
  6. "あげまき" 意味
  7. "あげまきつけのいた ◎-" 意味
  8. "あげまきむすび" 意味
  9. "あげまき-つけ-の-いた" 意味
  10. "あげぶたい" 意味
  11. "あげぼうし" 意味
  12. "あげまき" 意味
  13. "あげまきつけのいた ◎-" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社