あさか-ごんさい 意味

発音を聞く:
  • 【安積艮斎】
    (1790-1860) 江戸後期の儒学者。陸奥国安積郡郡山の人。名は重信,別号,見山楼。江戸に出て佐藤一斎・林述斎に学び,神田駿河台に塾を開く。のち二本松藩儒,また昌平黌(コウ)教授となった。著「艮斎文略」「艮斎間話」など。

  • あさかごんさい:    【安積艮斎】 (1790-1860) 江戸後期の儒学者。陸奥国安積郡郡山の人。名は重信,別号,見山楼。江戸に出て佐藤一斎・林述斎に学び,神田駿河台に塾を開く。のち二本松藩儒,また昌平黌(コウ)教授となった。著「艮斎文略」「艮斎間話」など。
  • ごんさい:    【権妻】 めかけ。側室。ごん。権的。 「年比(トシゴロ)三十二三当世風の―仕立/当世書生気質(逍遥)」
  • あさか:    【安積・浅香】 福島県南部の旧郡名。1965年(昭和40)郡内の全町村が郡山市と合併。 ; 【安積】 姓氏の一。 ; 【朝霞】 埼玉県南部の市。もと川越街道の宿場町として発展。朝霞浄水場・陸上自衛隊駐屯地がある。

隣接する単語

  1. "あさかわのりひこ" 意味
  2. "あさかわ-かんいち" 意味
  3. "あさかわ-のりひこ" 意味
  4. "あさかんのん" 意味
  5. "あさかんむり" 意味
  6. "あさか-しゃ" 意味
  7. "あさか-そすい" 意味
  8. "あさか-たんぱく" 意味
  9. "あさか-の-うら" 意味
  10. "あさかんのん" 意味
  11. "あさかんむり" 意味
  12. "あさか-しゃ" 意味
  13. "あさか-そすい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社