あさか-しゃ 意味

発音を聞く:
  • 【浅香社】
    1893年(明治26),落合直文の興した歌人の結社。直文の住む東京の浅嘉町にちなむ。古習の打破と個性尊重を唱え,門下から与謝野鉄幹・金子薫園・尾上柴舟らが出た。

  • あさかしゃ:    【浅香社】 1893年(明治26),落合直文の興した歌人の結社。直文の住む東京の浅嘉町にちなむ。古習の打破と個性尊重を唱え,門下から与謝野鉄幹・金子薫園・尾上柴舟らが出た。
  • あさか:    【安積・浅香】 福島県南部の旧郡名。1965年(昭和40)郡内の全町村が郡山市と合併。 ; 【安積】 姓氏の一。 ; 【朝霞】 埼玉県南部の市。もと川越街道の宿場町として発展。朝霞浄水場・陸上自衛隊駐屯地がある。
  • あさかい:    【朝会】 夏の早朝に催される茶会。茶事七式の一。朝の茶事。朝茶。

隣接する単語

  1. "あさかわ-かんいち" 意味
  2. "あさかわ-のりひこ" 意味
  3. "あさかんのん" 意味
  4. "あさかんむり" 意味
  5. "あさか-ごんさい" 意味
  6. "あさか-そすい" 意味
  7. "あさか-たんぱく" 意味
  8. "あさか-の-うら" 意味
  9. "あさか-の-ぬま" 意味
  10. "あさかんむり" 意味
  11. "あさか-ごんさい" 意味
  12. "あさか-そすい" 意味
  13. "あさか-たんぱく" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社