あさ-げ 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【朝餉・朝食】

    (古くは「あさけ」)
    あさめし。朝食。
    夕餉

  • あさ:    【朝】 夜が明けてからしばらくの間。または,正午までの間。 「―が来る」「―早く起きる」 ; 【麻】 (1)クワ科の一年草。中央アジア原産。渡来は古く,古代から重要な繊維植物として栽培されてきた。茎は直立し,1~3メートルになる。葉は三~九枚の小葉からなる掌状複葉で,各小葉は披針形で縁に鋸歯(キヨシ)がある。雌雄異株。初夏,淡緑黄色の雄穂,緑色の雌穂をつける。雌株からは麻薬がとれる。茎の靭皮
  • :    「け」の濁音の仮名。軟口蓋破裂音の有声子音と前舌の半狭母音とから成る音節。現代共通語では,この音は主として語頭に用いられ,語中・語尾では,その頭子音が軟口蓋鼻音となるのが一般である。これを鼻濁音の「げ」といい,必要に応じ「け(ケ)」に半濁点「°」を付けて示すことがある。 〔奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり,発音上区別があったとされる〕 ; 【気】 〔「け(気)」の濁音化〕 体
  • あさ-あさ:    【浅浅】■一■ (副)(1)浅いさま。うっすらとしたさま。「―と萌初(モエソ)めた麦畠は/破戒(藤村)」(2)軽く考えるさま。「父の詠をだにも―と思ひたりし上は/後鳥羽院御口伝」■二■ (名)(女房詞)浅漬けの漬物。「なかはしより―まゐる/御湯殿上(天正一四)」

隣接する単語

  1. "あさ-ぎり" 意味
  2. "あさ-ぐつ" 意味
  3. "あさ-ぐも" 意味
  4. "あさ-ぐもり" 意味
  5. "あさ-ぐろ・い" 意味
  6. "あさ-げいこ" 意味
  7. "あさ-ごち" 意味
  8. "あさ-ごはん" 意味
  9. "あさ-ごろも" 意味
  10. "あさ-ぐもり" 意味
  11. "あさ-ぐろ・い" 意味
  12. "あさ-げいこ" 意味
  13. "あさ-ごち" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社