あざむく 意味

発音を聞く:
  • 【欺く】
    〔「浅向く」の転か〕
    (1)相手を信頼させておいてだます。
    「人を―・く」「人目を―・く」
    (2)(「…をあざむく」の形で)…とまちがえさせる。
    「花を―・く美人」「昼を―・くばかりの明るさ」
    (3)あたりかまわず口にする。
    「月にあざけり,風に―・くことたえず/後拾遺(序)」
    (4)相手を恐れず,接する。
    「大敵を見ては―・き,小敵を見ては侮らざる/太平記 16」
    (5)ないがしろにする。いいかげんに扱う。
    「是を見ん人拙+もっと...
  • あざむ・く:    [3] 【欺く】 (動カ五[四])(「浅向く」の転か)(1)相手を信頼させておいてだます。「人を―・く」「人目を―・く」(2)(「…をあざむく」の形で)…とまちがえさせる。「花を―・く美人」「昼を―・くばかりの明るさ」(3)あたりかまわず口にする。「月にあざけり,風に―・くことたえず/後拾遺(序)」(4)相手を恐れず,接する。「大敵を見ては―・き,小敵を見ては侮らざる/太平記 16」(5)ない
  • むく:    【椋】 姓氏の一。 ; 【尨】 毛がふさふさと生えていること。むく毛。 ; 【椋】 (1)ムクノキのこと。 (2)ムクドリの略。 ; 【向く】 ※一※ (動カ五[四]) (1)顔がある物に面する。また,そうなるように動く。 「窓の方を―・く」「右―・け右」 (2)物がある方向を指す。物の正面があるものに面する位置にある。 「南を―・いている建物」 (3)体や気持ちがある方向・事柄におのずから進
  • あざ:    【字】 〔「あざな」の下略か〕 町や村の中の一区画の名。大字と小字とがある。普通は小字を単に字という。 ; 【痣・黶】 (1)皮膚および皮下組織に色素細胞が異常に増殖したり,充血などによって皮膚が赤色や紫色などに変色した部分。 →母斑(ボハン) (2)あざ・ほくろ・こぶなどの総称。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 彼は自分の思い通りにするためなら平気で人もあざむく
  2. この私をあざむくために!
  3. 城のプログラムを あざむくために 死というデータが必要なのだ。
  4. 城のプログラムを あざむくために 死というデータが必要なのだ。
  5. 人をあざむくために仕組むたくらみ。

隣接する単語

  1. "あざぶ-たで" 意味
  2. "あざぶ-だいがく" 意味
  3. "あざみ" 意味
  4. "あざみうま" 意味
  5. "あざみ-うま" 意味
  6. "あざむ・く" 意味
  7. "あざやか" 意味
  8. "あざやかに" 意味
  9. "あざやぐ" 意味
  10. "あざみうま" 意味
  11. "あざみ-うま" 意味
  12. "あざむ・く" 意味
  13. "あざやか" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社