あしかがもちうじ 意味

発音を聞く:
  • 【足利持氏】
    (1398-1439) 室町時代の武将。四代鎌倉公方。1416年,上杉禅秀の乱を平定。のち,将軍義教(ヨシノリ)と対立,38年(永享10)関東管領上杉憲実(ノリザネ)を討とうとして幕府に攻められ,翌年自刃した(永享の乱)。

  • あしかが-もちうじ:    ―モチウヂ 【足利持氏】(1398-1439) 室町時代の武将。四代鎌倉公方。1416年,上杉禅秀の乱を平定。のち,将軍義教(ヨシノリ)と対立,38年(永享10)関東管領上杉憲実(ノリザネ)を討とうとして幕府に攻められ,翌年自刃した(永享の乱)。
  • あしかがもとうじ:    【足利基氏】 (1340-1367) 南北朝時代の武将。尊氏(タカウジ)の子。1349年,関東に入り,初代の鎌倉公方となる。以後,その子孫が鎌倉公方を継承。上杉憲顕(ノリアキ)(1306-1368)を関東管領として補佐させ,室町幕府の関東経営の基礎を固めた。
  • あしかがよしもち:    【足利義持】 (1386-1428) 室町幕府四代将軍(在職 1394-1423)。義満(ヨシミツ)の子。将軍となるが,幼少のため実権は父義満が掌握。義満の死後,斯波義将らの補佐をうけ,勘合貿易の中止など独自の幕政を行なった。また,禅宗に深く帰依した。1423年将軍職を子の義量に譲った。

隣接する単語

  1. "あしかがただよし" 意味
  2. "あしかがちゃちゃまる" 意味
  3. "あしかがばくふ" 意味
  4. "あしかがぶんこ" 意味
  5. "あしかがまさとも" 意味
  6. "あしかがもとうじ" 意味
  7. "あしかがよしあき" 意味
  8. "あしかがよしあきら" 意味
  9. "あしかがよしかず" 意味
  10. "あしかがぶんこ" 意味
  11. "あしかがまさとも" 意味
  12. "あしかがもとうじ" 意味
  13. "あしかがよしあき" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社