あしなが-ばち 意味

発音を聞く:
  • [4]
    【足長蜂】

    (飛行中,脚を長くのばして下げるのでいう)
    アシナガバチ属のハチの総称。フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチなど。枯れ枝や古い木材をかみくだき,唾液(ダエキ)で練ったものを材料にして,六角柱状の小部屋を並べた巣を軒下や木の枝に作る。[季]春。

  • あしながばち:    【足長蜂】 〔飛行中,脚を長くのばして下げるのでいう〕 アシナガバチ属のハチの総称。フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチなど。枯れ枝や古い木材をかみくだき,唾液(ダエキ)で練ったものを材料にして,六角柱状の小部屋を並べた巣を軒下や木の枝に作る。﹝季﹞春。
  • あしなが:    【足長】 (1)足が長いこと。 (2)遠くまで行くこと。(船の)航海距離が長いさま。 「―に出たほどに兵糧よろづが大義/蒙求抄 6」 (3)〔山海経(センガイキヨウ)〕 足が非常に長いという想像上の人間。手長(テナガ)とともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。
  • あしなが-ぐも:    [5] 【足長蜘蛛】クモの一種。体も脚も細長く,黄褐色。体長15ミリメートル内外。第一歩脚は特に長い。丸網を水平に張り,昆虫を捕食する。本州・四国・九州に分布。

隣接する単語

  1. "あしながくらげ" 意味
  2. "あしながぐも" 意味
  3. "あしながばち" 意味
  4. "あしなが-くらげ" 意味
  5. "あしなが-ぐも" 意味
  6. "あしなしいもり" 意味
  7. "あしなしとかげ" 意味
  8. "あしなし-いもり" 意味
  9. "あしなし-とかげ" 意味
  10. "あしなが-くらげ" 意味
  11. "あしなが-ぐも" 意味
  12. "あしなしいもり" 意味
  13. "あしなしとかげ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社