あしな 意味

発音を聞く:
  • 【蘆名】
    姓氏の一。会津国黒川を領した戦国大名家。相模国三浦郡蘆名から南北朝期に会津へ下向したという。会津守護と呼ばれ,権勢をふるった。

  • あしなえ:    【蹇・跛】 足が悪く歩行が不自由なこと。また,その人。
  • あしなか:    【足半】 足の裏半ばまでくらいの長さで,かかとの部分のない藁草履(ワラゾウリ)。足半草履。半草履。
  • あしなが:    【足長】 (1)足が長いこと。 (2)遠くまで行くこと。(船の)航海距離が長いさま。 「―に出たほどに兵糧よろづが大義/蒙求抄 6」 (3)〔山海経(センガイキヨウ)〕 足が非常に長いという想像上の人間。手長(テナガ)とともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. あーん 大丈夫 別に死にゃあしないから
  2. あしなければ誰か殺されてたかも
  3. 「気の毒に ああしないと 殺されるんだろう」
  4. あしないで こうしないでって
  5. アナタたちを守りゃあしないし

隣接する単語

  1. "あしどめぐすり" 意味
  2. "あしどめ-ぐすり" 意味
  3. "あしどり" 意味
  4. "あしどりひょう" 意味
  5. "あしどり-ひょう" 意味
  6. "あしなえ" 意味
  7. "あしなか" 意味
  8. "あしなが" 意味
  9. "あしながくらげ" 意味
  10. "あしどりひょう" 意味
  11. "あしどり-ひょう" 意味
  12. "あしなえ" 意味
  13. "あしなか" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社