あしらう 意味

発音を聞く
  • 〔「あへしらふ」の転〕
    (1)応対する。相手をする。
    「難しい客も上手に―・う」
    (2)相手を見下したような気持ちで接する。いいかげんに扱う。
    「鼻で―・う」「冷たく―・う」
    (3)(主となるものを引き立てるように)添える。
    「根元に小菊を―・う」
    (4)あしらい{(3)}をする。
    ‖可能‖ あしらえる
    ︱慣用︱ 鼻で―・鼻先で―

  • あいしらう:    「あえしらう」に同じ。 「いと深からずとも,なだらかなる程に―・はむ人もがな/源氏(末摘花)」
  • あえしらう:    (1)相手の出方に応じて応対する。応答する。 「言ずくなにいひて,をさをさ―・はず/源氏(若紫)」 (2)適当に取り扱う。 「いとかうしもあるは,我をたのまぬなめり,なども―・ひ/蜻蛉(上)」 (3)取り合わせる。付け合わせる。 「切大根(キリオオネ),物の汁して,―・ひて,まづいだしたり/蜻蛉(上)」
  • おいしらう:    【老い痴らふ】 ※一※ (動ハ四) 年老いてもうろくする。おいぼれる。 「女房などの,院の御時よりさぶらひて―・へるどもは/源氏(明石)」 ※二※ (動ハ下二) {※一※}に同じ。 「―・へたる声したる人/浜松中納言 3」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 彼はいつもそんなふうに私をあしらうのです。
  2. こういう連中は こうあしらうべきです
  3. 冷たくあしらうだけ それがオレの犯罪か!
  4. 色目を使ってくる男を あしらうのは簡単なのよ
  5. 色目を使ってくる男を あしらうのは簡単なのよ

隣接する単語

  1. "あしょろ" 意味
  2. "あしよわ" 意味
  3. "あしよわぐるま" 意味
  4. "あしよわ-ぐるま" 意味
  5. "あしらい" 意味
  6. "あしら・う" 意味
  7. "あしわけ" 意味
  8. "あしわけおぶね" 意味
  9. "あしわけ-おぶね" 意味
  10. "あしよわ-ぐるま" 意味
  11. "あしらい" 意味
  12. "あしら・う" 意味
  13. "あしわけ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社