あし-ぶね 意味

発音を聞く:
  • [0][2]
    【葦舟・葦船】

    (1)葦を編んで作った舟。記紀神話で,蛭子(ヒルコ)をのせて流した。
    (2)水に浮いている葦の葉を舟にたとえていう。

  • あしぶね:    【葦舟・葦船】 (1)葦を編んで作った舟。記紀神話で,蛭子(ヒルコ)をのせて流した。 (2)水に浮いている葦の葉を舟にたとえていう。
  • あしかり-おぶね:    ―ヲ― 【葦刈り小舟】葦を刈って積む小舟。あしぶね。「―所々に棹さして/東関紀行」
  • あしがら-おぶね:    ―ヲ― 【足柄小舟】足柄山の木で作られた小舟。「百(モモ)つ島―あるき多み/万葉 3367」

隣接する単語

  1. "あし-びょうし" 意味
  2. "あし-ふいご" 意味
  3. "あし-ふき" 意味
  4. "あし-ぶえ" 意味
  5. "あし-ぶき" 意味
  6. "あし-ぶみ" 意味
  7. "あし-へん" 意味
  8. "あし-べ" 意味
  9. "あし-まかせ" 意味
  10. "あし-ぶえ" 意味
  11. "あし-ぶき" 意味
  12. "あし-ぶみ" 意味
  13. "あし-へん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社