あすば・す 意味

発音を聞く:
  • 【遊ばす】
    (動サ四)
    (「あそばす」の転)
    (1)「する」の尊敬語。なさる。「お頭痛が―・すとか云つて/滑稽本・浮世床(初)」
    (2)(補助動詞)
    動詞の連用形に接頭語「お(御)」の付いた形に付いて,その動作をする人に対する尊敬の意を表す。「お寄合・参会がございましても,一番にお帰り―・すし/滑稽本・浮世風呂 2」

  • あすばす:    【遊ばす】 〔「あそばす」の転〕 (1)「する」の尊敬語。なさる。 「お頭痛が―・すとか云つて/滑稽本・浮世床(初)」 (2)(補助動詞) 動詞の連用形に接頭語「お(御)」の付いた形に付いて,その動作をする人に対する尊敬の意を表す。 「お寄合・参会がございましても,一番にお帰り―・すし/滑稽本・浮世風呂 2」
  • うちなあすば:    ⇒沖縄蕎麦(オキナワソバ)
  • あす:    【浅す】 川や海が浅くなる。水が干上がる。 「石舟(イワフネ)の泊(ハ)てし高津は―・せにけるかも/万葉 292」 ; 【褪す】 〔「浅あす」と同源〕 ⇒あせる ; 【明日】 (1)今日の次の日。副詞的にも用いる。あした。みょうにち。 「試験は―行われる」 (2)近い将来。未来。 「日本の―をひらく」 〔副詞的用法の場合,アクセントは ◎〕 ――の百より今日(キヨウ)の五十(ゴジユウ) あて

隣接する単語

  1. "あすけ" 意味
  2. "あすこ" 意味
  3. "あすなろ" 意味
  4. "あすはひのき" 意味
  5. "あすばす" 意味
  6. "あすひ" 意味
  7. "あすぶ" 意味
  8. "あすら" 意味
  9. "あす・ぶ" 意味
  10. "あすはひのき" 意味
  11. "あすばす" 意味
  12. "あすひ" 意味
  13. "あすぶ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社