あす-こ 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【彼所】
    (代)
    遠称の指示代名詞。「あそこ」の転。「―まで走ろう」

  • あす:    【浅す】 川や海が浅くなる。水が干上がる。 「石舟(イワフネ)の泊(ハ)てし高津は―・せにけるかも/万葉 292」 ; 【褪す】 〔「浅あす」と同源〕 ⇒あせる ; 【明日】 (1)今日の次の日。副詞的にも用いる。あした。みょうにち。 「試験は―行われる」 (2)近い将来。未来。 「日本の―をひらく」 〔副詞的用法の場合,アクセントは ◎〕 ――の百より今日(キヨウ)の五十(ゴジユウ) あて
  • あすか:    【飛鳥・明日香】 〔「飛鳥」の表記は「あすか」にかかる枕詞「飛ぶ鳥の」から〕 奈良県高市郡明日香村付近一帯の地。耳成(ミミナシ)山以南,畝傍(ウネビ)山以東の飛鳥川の流域をいう。592年推古天皇が豊浦宮(トユラノミヤ)に即位以降,八世紀初めまで,帝都の所在地。皇居跡・皇陵・飛鳥寺・岡寺・高松塚古墳など,古寺・史跡に富む。((歌枕))「飛ぶ鳥の―の里を置きて去(イ)なば君があたりは見えずかもあら
  • あすけ:    【足助】 愛知県北東部,東加茂郡の町。近世,尾張と信州を結ぶ飯田街道の宿場町。

隣接する単語

  1. "あすひ" 意味
  2. "あすぶ" 意味
  3. "あすら" 意味
  4. "あす・ぶ" 意味
  5. "あす-あさって" 意味
  6. "あす-は-ひのき" 意味
  7. "あす-ひ" 意味
  8. "あず" 意味
  9. "あずかり" 意味
  10. "あす・ぶ" 意味
  11. "あす-あさって" 意味
  12. "あす-は-ひのき" 意味
  13. "あす-ひ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社