あずかり 意味

発音を聞く:
  • 【預(か)り】
    (1)金品や人を預かること。
    (2)預かった証拠に渡す書き付け。預かり証。
    (3)相撲などで,勝敗が長びくなどして決まらない場合,勝ち負けを決めないでおくこと。
    (4)平安時代の官職。御書所・画所などに置かれ,その事務をつかさどるもの。社寺や荘園などにも置かれた。
    (5)人の世話や家などの管理を委任されている人。
    「なにがしの院におはしまし着きて,―召し出づる程/源氏(夕顔)」

  • あずかりち:    【預地】 (1)南北朝時代,預けるという名目で幕府などから賜った土地。 (2)江戸時代,諸大名や江戸の名主が保管を委託された,幕府の直轄地。あずけち。あずかりしょ。
  • あずかり-がね:    アヅカリ― 【預かり銀】「預かり銀(ギン)」に同じ。
  • あずかり-きん:    アヅカリ― [0] 【預(か)り金】(1)他人から預かった金銭。(2)借りた金。「講中の―も,晦日にやあ揃へて/人情本・辰巳園(初)」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. お招きにあずかりありがとうございます。
  2. え~ ただ今 ご紹介にあずかりました
  3. ただいま ご紹介に あずかりました
  4. ただいま ご紹介に あずかりました
  5. どうも お招きにあずかり...。 ややっ!

隣接する単語

  1. "あす-あさって" 意味
  2. "あす-こ" 意味
  3. "あす-は-ひのき" 意味
  4. "あす-ひ" 意味
  5. "あず" 意味
  6. "あずかりがね" 意味
  7. "あずかりきん" 意味
  8. "あずかりぎん" 意味
  9. "あずかりしょ" 意味
  10. "あす-ひ" 意味
  11. "あず" 意味
  12. "あずかりがね" 意味
  13. "あずかりきん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社