あずまやま 意味

発音を聞く:
  • 【吾妻山】
    福島県と山形県の境をなす火山群の総称。西吾妻山(海抜2035メートル)を最高峰とし,東吾妻山・一切経山・吾妻小富士などが東西に連なる。原生林におおわれ,山腹には五色・姥湯(ウバユ)・白布などの温泉がある。

  • あずまや:    【東屋・四阿】 〔東国風のひなびた家の意という〕 (1)屋根を四方へ葺(フ)き下ろした建物。寄せ棟造り。 →真屋(マヤ) (2)庭園や公園に設ける休憩用の小さな建物。萱(カヤ)・藁(ワラ)・杉皮などで葺いた寄せ棟形式の屋根で四方を吹き放しにしたもの。亭(チン)。 (3)催馬楽の曲名。 「君―を忍びやかに謡ひて/源氏(紅葉賀)」 (4)源氏物語の巻名。第五〇帖。宇治十帖の一。
  • あずま-やま:    アヅマ― 【吾妻山】福島県と山形県の境をなす火山群の総称。西吾妻山(海抜2035メートル)を最高峰とし,東吾妻山・一切経山・吾妻小富士などが東西に連なる。原生林におおわれ,山腹には五色・姥湯(ウバユ)・白布などの温泉がある。
  • あずま:    【吾妻・吾嬬】 私の妻。わが妻。 「―はやと詔りたまひき/古事記(中)」 ; 【東・吾妻・吾嬬】 (1)都の東方にある諸国,また地方。東国。古くは,逢坂(オウサカ)の関より東の諸国の総称。奈良時代には信濃・遠江(トオトウミ)より東の諸国をいい,のちには箱根より東,特に関東地方をさしていった。 (2)中世に,京都からみて,鎌倉または鎌倉幕府をさしていった語。 「峰殿の御しうと,―の将軍の御祖父

隣接する単語

  1. "あずままい" 意味
  2. "あずまむし" 意味
  3. "あずまむすび" 意味
  4. "あずまもんどう" 意味
  5. "あずまや" 意味
  6. "あずまわらわ" 意味
  7. "あずまコート" 意味
  8. "あずま屋" 意味
  9. "あずま-あそび" 意味
  10. "あずまもんどう" 意味
  11. "あずまや" 意味
  12. "あずまわらわ" 意味
  13. "あずまコート" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社