あぜくら 意味

発音を聞く:
  • 【校倉】
    倉の形式の一。柱を用いず,木材を井桁(イゲタ)状に積み重ねて壁を作るもの。甲倉。叉倉。

  • あぜくら-づくり:    [5] 【校倉造り】校倉に用いられるような建築様式。世界各地に古くからみられ,日本では断面が三角形の木材を平らな面を内側にして積み上げる方法が発達。多くは古代に倉として建てられ,東大寺正倉院や唐招提寺経蔵などが現存する。井楼(セイロウ)組。
  • あぜくらづくり:    【校倉造り】 校倉に用いられるような建築様式。世界各地に古くからみられ,日本では断面が三角形の木材を平らな面を内側にして積み上げる方法が発達。多くは古代に倉として建てられ,東大寺正倉院や唐招提寺経蔵などが現存する。井楼(セイロウ)組。
  • あぜ-くら:    [0] 【校倉】倉の形式の一。柱を用いず,木材を井桁(イゲタ)状に積み重ねて壁を作るもの。甲倉。叉倉。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 叉倉(あぜくら):校倉造の倉庫。
  2. 近年はCIを導入しブランドを「愛ZECRA」(あぜくら)とした。
  3. 平安後期建立の校倉(あぜくら)造倉庫で、東寺最古の建造物である。
  4. 株式会社愛染蔵(あぜくら)は、大阪府大阪市にかつて存在した和服の専門販売店である。
  5. なお、組積造の主な建築材は煉瓦や石材であるが、校倉(あぜくら)造りやログハウスなどは木材を使った組積造である。

隣接する単語

  1. "あぜいと" 意味
  2. "あぜおり" 意味
  3. "あぜがや" 意味
  4. "あぜがやつり" 意味
  5. "あぜき" 意味
  6. "あぜくらづくり" 意味
  7. "あぜくら-づくり" 意味
  8. "あぜすげ" 意味
  9. "あぜたけ" 意味
  10. "あぜがやつり" 意味
  11. "あぜき" 意味
  12. "あぜくらづくり" 意味
  13. "あぜくら-づくり" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社