あそび-て 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【遊び手】

    遊ぶことの好きな人。遊ぶことの上手な人。遊び上手。

  • て-あそび:    [2] 【手遊び】(1)手に持って遊ぶこと。気晴らしにすること。「ずずを持ち―として更にこと物にふけらず/発心 3」(2)おもちゃ。玩具。(3)博打(バクチ)。
  • あそび:    【遊び】 (1)遊ぶこと。 「―に夢中になる」 (2)賭(カ)け事や酒色にふけること。遊興。 「―人」 (3)仕事がないこと。暇なこと。 「これを納めたら当分―だ」 (4)気持ちのゆとり。 「―心」 (5)機械の連結部分が,ぴったりと付かないで少しゆとりがあること。 「ハンドルの―」 (6)洋装本で,見返し{(1)}の表紙に貼られないほうの紙。 →遊び紙(ガミ) (7)狩猟・歌舞・酒宴など,楽
  • あずま-あそび:    アヅマ― [4] 【東遊び】上代,東国の歌舞の意。東国地方の風俗歌に合わせて舞う民間舞踊であったが,平安時代に雅楽の一曲として形式が整えられた。舞人は四人または六人。歌手八人の楽で演奏する。舞に駿河舞・求子(モトメゴ)舞があり,二つを舞うと諸舞(モロマイ),後者のみを舞うと片舞という。中世には廃れたが,江戸時代に再興され,宮中の祭儀や神社の祭礼に行われている。東舞(アズママイ)。

隣接する単語

  1. "あそび-げ" 意味
  2. "あそび-ことば" 意味
  3. "あそび-ごころ" 意味
  4. "あそび-ごと" 意味
  5. "あそび-ごま" 意味
  6. "あそび-でら" 意味
  7. "あそび-どうぐ" 意味
  8. "あそび-にん" 意味
  9. "あそび-はんぶん" 意味
  10. "あそび-ごと" 意味
  11. "あそび-ごま" 意味
  12. "あそび-でら" 意味
  13. "あそび-どうぐ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社