あぞく 意味

発音を聞く:
  • 【亜属】
    生物分類上の一階級。属と種の中間に位置する。

  • ぞく:    【贖】 ⇒しょく(贖) ; 【族】 (1)同じ血統に属する人々。一門。ぞう。 「母の―なる播磨国の人/興津弥五右衛門の遺書(鴎外)」 (2)生物の分類上,科と属の間の階級。植物学では属との同音を避けて連(レン)という。 (3)〔化〕 周期表中で,縦に配列している一群の元素。1 族~ 18 族に分けられる。また,一般に,その原子構造や分子構造の類似性により物理的・化学的性質を共有する一群の元素や
  • ぞく-ぞく:    [0][1] 【続続】 (副)(「と」を伴っても用いる)多くのものが途切れることなく続くさま。あとからあとから。「―(と)ゴールインする」「―(と)集まる」
  • ぞくぞく:    (1)発熱のために寒けを感じるさま。 「熱があるらしくからだが―する」 (2)喜び・期待・恐怖などのために緊張・興奮して震えそうになるさま。 「背筋が―するような興奮を味わう」 ; 【簇簇】 「そうそう(簇簇)」に同じ。 「春は―として萌えつつあり/自然と人生(蘆花)」 ; 【続続】 (「と」を伴っても用いる)多くのものが途切れることなく続くさま。あとからあとから。 「―(と)ゴールインす

隣接する単語

  1. "あそん" 意味
  2. "あそ・ぶ" 意味
  3. "あそ-こ" 意味
  4. "あそ-さん" 意味
  5. "あそ-じんじゃ" 意味
  6. "あた" 意味
  7. "あたあた" 意味
  8. "あたい" 意味
  9. "あたいする" 意味
  10. "あそ-さん" 意味
  11. "あそ-じんじゃ" 意味
  12. "あた" 意味
  13. "あたあた" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社