あだちけんぞう 意味

発音を聞く:
  • 【安達謙蔵】
    (1864-1948) 政治家。肥後の生まれ。立憲同志会・憲政会・民政党を率いて総選挙に圧勝,「選挙の神様」と称された。逓相・内相を歴任。満州事変以降は挙国一致体制を提唱し,国民同盟総裁・大政翼賛会顧問などを歴任。

  • あだち-けんぞう:    ―ケンザウ 【安達謙蔵】(1864-1948) 政治家。肥後の生まれ。立憲同志会・憲政会・民政党を率いて総選挙に圧勝,「選挙の神様」と称された。逓相・内相を歴任。満州事変以降は挙国一致体制を提唱し,国民同盟総裁・大政翼賛会顧問などを歴任。
  • けんぞう:    【建造】 建物・船舶など大規模な構造物をつくること。 「新船を―する」 ; 【萱草】 ⇒かんぞう(萱草)
  • けんぞう-ぶつ:    ―ザウ― [3] 【建造物】家屋・塔など,建造したもの。「―侵入罪」

隣接する単語

  1. "あだたら-まゆみ" 意味
  2. "あだたら-やま" 意味
  3. "あだち" 意味
  4. "あだちかげもり" 意味
  5. "あだちがはら" 意味
  6. "あだちげんいちろう" 意味
  7. "あだちしき" 意味
  8. "あだちちょうか" 意味
  9. "あだちのまゆみ" 意味
  10. "あだちかげもり" 意味
  11. "あだちがはら" 意味
  12. "あだちげんいちろう" 意味
  13. "あだちしき" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社