あだ-びと 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【他人】

    他の人。他人。あだしびと。「―と縁組は…と詰(ナジラ)んとせしが/色懺悔(紅葉)」

  • あだびと:    【徒人】 (1)心の変わりやすい人。浮気な人。 「それはさる―にて,女ありと聞く所にてはさぞのたまふなる/宇津保(国譲下)」 (2)風流を解する粋な人。 「―と樽を棺(ヒツギ)に飲みほさん(重五)/冬の日」 ; 【他人】 他の人。他人。あだしびと。 「―と縁組は…と詰(ナジラ)んとせしが/色懺悔(紅葉)」
  • あだ:    【徒】 (1)実を結ばないさま。かいのないさま。むだ。 「せっかくの好意を―にしてはいけない」「親切のつもりが―となる」 (2)誠実さに欠け,うわついているさま。 「是(コレ)素(モト)より―なる恋にはあらで/金色夜叉(紅葉)」 (3)はかなくもろいさま。 「花よりも人こそ―になりにけれ/古今(哀傷)」 (4)扱いがおろそかなさま。粗略。 「たしかに御枕上に参らすべき祝ひの物にて侍る。あなかし
  • びと:    ひと; 人

隣接する単語

  1. "あだ-なさけ" 意味
  2. "あだ-な・い" 意味
  3. "あだ-な・す" 意味
  4. "あだ-の-おおの" 意味
  5. "あだ-ばな" 意味
  6. "あだ-ぶし" 意味
  7. "あだ-ぼれ" 意味
  8. "あだ-まくら" 意味
  9. "あだ-め・く" 意味
  10. "あだ-の-おおの" 意味
  11. "あだ-ばな" 意味
  12. "あだ-ぶし" 意味
  13. "あだ-ぼれ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社