あっぱれ 意味

発音を聞く
  • 【天晴(れ)・遖】
    ※一※ (形動)
    人の行為がとてもすぐれていて,賞賛に値するさま。みごとだ。感心だ。
    「―なおこない」「―なる政治家となりて/谷間の姫百合(謙澄)」
    ※二※ (感)
    (1)人の行為をほめたたえる時に発する語。でかした。
    「よくやった。―,―」
    (2)驚き・嘆き・期待・決意などの気持ちで発する語。ああ。おお。
    「―剛の者かな/平家 8」「―疾う斬らればや/謡曲・盛久」
    〔「あはれ(哀)」を促音化して意味を強めた語。「天晴+もっと...
  • あっぱっぱ:    ゆとりが多く,ウエストを締めないワンピース形の夏服。大正末期頃,和服から洋服への移行の初期に流行。
  • あっぱく:    【圧迫】 (1)強い力でおさえつけること。 「胸が―されて苦しい」 (2)武力や権威でおさえつけること。抑圧。威圧。 「精神的―を被る」 (3)おさえつけて,相手の勢いを弱めたり,規模を縮小させたりする。 「敵を側面より―する」「学費が家計を―する」
  • あっぱくほうたい:    【圧迫包帯・圧迫繃帯】 はなはだしい出血やヘルニア・内臓下垂などがあるとき,局所を包帯で圧迫してそれを防ぐ方法。また,その包帯。

隣接する単語

  1. "あっはっは" 意味
  2. "あっぱく" 意味
  3. "あっぱくほうたい" 意味
  4. "あっぱく-ほうたい" 意味
  5. "あっぱっぱ" 意味
  6. "あっぴおんせん" 意味
  7. "あっぴ-おんせん" 意味
  8. "あっぷあっぷ" 意味
  9. "あっぷく" 意味
  10. "あっぱく-ほうたい" 意味
  11. "あっぱっぱ" 意味
  12. "あっぴおんせん" 意味
  13. "あっぴ-おんせん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社