あっぴおんせん 意味

発音を聞く:
  • 【安比温泉】
    岩手県北西部,二戸(ニノヘ)郡安代(アシロ)町にある温泉。安比岳の中腹に位置。食塩泉。

  • あっぴ-おんせん:    ―ヲンセン 【安比温泉】岩手県北西部,二戸(ニノヘ)郡安代(アシロ)町にある温泉。安比岳の中腹に位置。食塩泉。
  • おんせん:    【音栓】 パイプ-オルガン・リード-オルガンなどで,各種の音管への風の入り口を開閉する装置。音色を変える働きをする。ストップ-キー。 ; 【温泉】 (1)その地方の年平均気温より高い温度のわき水。日本では湯温が摂氏二五度以上か,または規定された物質を溶存するものと定められている。地下水が火山起源の熱で熱せられたものが多い。含有成分によって,単純泉・炭酸泉・硫黄泉などに分ける。いでゆ。 ⇔冷泉
  • おんせんか:    【温泉華】 温泉水の沈殿物。細かい結晶の集まりで,主成分は石灰・硫黄・ケイ酸など。ゆのはな。

例文

  1. 安比温泉(あっぴおんせん)は、岩手県八幡平市(旧国陸奥国)にある温泉。

隣接する単語

  1. "あっぱく" 意味
  2. "あっぱくほうたい" 意味
  3. "あっぱく-ほうたい" 意味
  4. "あっぱっぱ" 意味
  5. "あっぱれ" 意味
  6. "あっぴ-おんせん" 意味
  7. "あっぷあっぷ" 意味
  8. "あっぷく" 意味
  9. "あっぷんじしん" 意味
  10. "あっぱっぱ" 意味
  11. "あっぱれ" 意味
  12. "あっぴ-おんせん" 意味
  13. "あっぷあっぷ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社