あつさ-しのぎ 意味

発音を聞く:
  • [4]
    【暑さ凌ぎ】

    暑さをまぎらすこと。また,その手段。

  • あつさしのぎ:    【暑さ凌ぎ】 暑さをまぎらすこと。また,その手段。
  • あつさ:    【暑さ】 (1)暑いこと。また,その程度。 (2)暑い時候。﹝季﹞夏。 「―に向かう」 ⇔寒さ ――寒さも彼岸(ヒガン)まで 暑さも寒さも春秋の彼岸のころにはやわらいで,しのぎやすくなる。 ――忘れて陰(カゲ)忘る 暑さが去ると,緑陰のありがたさを忘れる。受けた恩を忘れることの早い人情のたとえ。 ; 【厚さ】 厚いこと。また,その程度。 「本の―」
  • しのぎ:    【凌ぎ】 〔動詞「しのぐ(凌)」の連用形から〕 (1)その時の障害や困難に耐え,またそれを克服すること。また,その手段。 「当座の―にはなるだろう」 (2)〔「一時をしのぐ」意から〕 会葬者に振る舞う食事。非時食(ヒジジキ)。 (3)〔接尾語的に用いる〕 しのぐこと。 「その場―」「退屈―」 ; 【鎬】 (1)刀身の,棟と刃との中間で鍔元(ツバモト)から切っ先までの稜(リヨウ)を高くした所。

隣接する単語

  1. "あつごおり" 意味
  2. "あつさ" 意味
  3. "あつさあたり" 意味
  4. "あつさしのぎ" 意味
  5. "あつさ-あたり" 意味
  6. "あつし" 意味
  7. "あつしる" 意味
  8. "あつし・る" 意味
  9. "あつじ" 意味
  10. "あつさしのぎ" 意味
  11. "あつさ-あたり" 意味
  12. "あつし" 意味
  13. "あつしる" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社