あてがいぶち 意味

発音を聞く
  • 【宛てがい扶持・宛行扶持】
    〔(2)が原義〕
    (1)雇っている側の一方的な判断で与える手当。
    (2)江戸時代,雇い主が雇い人にあてがって渡す扶持米。

  • あてがい-ぶち:    ―ガヒ― [0] 【宛てがい扶持・宛行扶持】((2)が原義)(1)雇っている側の一方的な判断で与える手当。(2)江戸時代,雇い主が雇い人にあてがって渡す扶持米。
  • あてがい:    【宛てがい・宛行・充行】 (1)割りあてて与えること。与える側が一方的に決めて与えること。また,そのもの。 「―の小遣い」「―の制服」 (2)禄物や所領を与えること。また,その禄物や所領。あておこない。 (3)あれこれを考え合わせること。心配り。配慮。 「一定往生とうちかたむる人のみ多し。あぶなき―也/沙石 10」
  • あてがい-じょう:    ―ガヒジヤウ 【充行状】あておこないじょう

隣接する単語

  1. "あておこなう" 意味
  2. "あておび" 意味
  3. "あてかじ" 意味
  4. "あてがい" 意味
  5. "あてがいじょう" 意味
  6. "あてがい-じょう" 意味
  7. "あてがい-ぶち" 意味
  8. "あてがう" 意味
  9. "あてがき" 意味
  10. "あてがい" 意味
  11. "あてがいじょう" 意味
  12. "あてがい-じょう" 意味
  13. "あてがい-ぶち" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社