あて-が・う 意味

発音を聞く:
  • ―ガフ [0][3]
    【宛てがう・充てがう】
    (動ワ五[ハ四])
    (「当て交(カ)う」の意か)
    (1)ぴたっと物を付ける。あてる。「受話器を耳に―・う」
    (2)適当と思われるものを与える。「新入社員向きの仕事を―・う」「酒さえ―・っておけばおとなしい」
    [可能] あてがえる

  • あて-おこな・う:    ―オコナフ 【宛て行ふ・充て行ふ】 (動ハ四)(1)任務などを割りあてる。「反別に兵粮米を―・ふべきよし申されけり/平家 12」(2)その事のために用いる。「軍勢の兵粮料所に―・ひしに依て/太平記 33」(3)所領・禄物などを与える。「衣裳をさへこそ―・はしめ給へ/大鏡(藤氏物語)」
  • うけ-が・う:    ―ガフ 【肯ふ】 (動ハ四)承知する。引き受ける。「雀部いとやすく―・ひて/読本・雨月(浅茅が宿)」
  • さる-が・う:    ―ガフ 【猿楽ふ】 (動ハ四)(「さるごう(猿楽)」を活用させた語)滑稽なことを言う。ふざける。「男などのうち―・ひものよくいふが来たるを/枕草子 140」

隣接する単語

  1. "あて-おこな・う" 意味
  2. "あて-おび" 意味
  3. "あて-かじ" 意味
  4. "あて-がい" 意味
  5. "あて-がき" 意味
  6. "あて-ぎ" 意味
  7. "あて-こすり" 意味
  8. "あて-こす・る" 意味
  9. "あて-こと" 意味
  10. "あて-がい" 意味
  11. "あて-がき" 意味
  12. "あて-ぎ" 意味
  13. "あて-こすり" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社