あとうた 意味

発音を聞く:
  • 【後歌・後唄】
    地歌・箏曲の手事物(テゴトモノ)の曲の,手事のあとの歌の部分。
    ⇔前歌

  • あと-うた:    [2] 【後歌・後唄】地歌・箏曲の手事物(テゴトモノ)の曲の,手事のあとの歌の部分。前歌
  • あとう:    【誂ふ・聘ふ】 〔「あとらふ」と同源〕 (1)結婚を申し込む。 「―・ふること既に訖(オワリ)て/日本書紀(履中訓)」 (2)誘う。 「武彦を廬城河に―・へ率(タシ)ひて/日本書紀(雄略訓)」 (3)頼む。あつらえる。あとらう。 「ほととぎす春を鳴けとも―・ふとも/古今六帖 4」 ; 【能う】 ⇒あたう(能) 能う限り 可能な限り。できるかぎり。 「―の援助」 ; 【阿党】 権力のある者に
  • とうた:    【淘汰】 (1)よい物を選び,悪い物を除くこと。また,水で洗ってより分けること。 「企業が―される」 (2)〔selection〕 自然環境の中で,生存に適するものが残り,適しないものは消え去る現象。選択。

隣接する単語

  1. "あとあし" 意味
  2. "あとあじ" 意味
  3. "あとあと" 意味
  4. "あとあとげつ" 意味
  5. "あとう" 意味
  6. "あとえ" 意味
  7. "あとおい" 意味
  8. "あとおいしんじゅう" 意味
  9. "あとおい-しんじゅう" 意味
  10. "あとあとげつ" 意味
  11. "あとう" 意味
  12. "あとえ" 意味
  13. "あとおい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社