あとくされ 意味

発音を聞く:
  • 【後腐れ】
    〔「あとぐされ」とも〕
    物事のすんだ後まで,ごたごたやわずらわしさが残ること。
    「―のないようにしておく」

  • あと-くされ:    [0] 【後腐れ】(「あとぐされ」とも)物事のすんだ後まで,ごたごたやわずらわしさが残ること。「―のないようにしておく」
  • くされ:    【腐れ】 ※一※ (名) (1)腐ること。腐った物や,その状態。 「立ち―」 (2)思うにまかせず,やけをおこして成りゆきに任せること。 「ふて―」 →いっそのくされ (3)月経。また,その期間。 「藪入(ヤブイリ)は―をぬいて願ふ也/柳多留 4」 ※二※ (感) 〔うそなら,口が腐ってもよいの意〕 誓うときの言葉。下に打ち消し表現を伴う。決して。 「仇泣きの空誓文,―さうした事ではない/浮世
  • あとくち:    【後口】 (1)飲食したあと,口に残る感じ。あとあじ。 (2)物事をしたあとに残る感じ。あとあじ。 「―が悪い」 (3)申し込みなどの,あとの方のもの。また,あとに続く約束。 ⇔先口 「―がかかる」 (4)あとの方の順番。 「―に回される」

例文

  1. あとくされなしでいいじゃん

隣接する単語

  1. "あとがき" 意味
  2. "あとがね" 意味
  3. "あとがま" 意味
  4. "あときん" 意味
  5. "あとぎよめ" 意味
  6. "あとくち" 意味
  7. "あとげつ" 意味
  8. "あとこうしゃく" 意味
  9. "あとごし" 意味
  10. "あときん" 意味
  11. "あとぎよめ" 意味
  12. "あとくち" 意味
  13. "あとげつ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社