あなんだ 意味

発音を聞く:
  • 【阿難陀】
    〔梵 Ānanda〕
    釈迦十大弟子の一人。釈迦の従弟。出家後,常に釈迦に従っていたので多聞第一といわれた。第一結集(ケツジユウ)に努力。阿難。

  • あなん:    【阿南】 徳島県東部,紀伊水道に臨む市。農業・水産業のほか,製材・製紙業も盛ん。小島が多い海岸地帯は,室戸阿南海岸国定公園に属する景勝地。
  • なんだ:    【難陀】 〔仏〕 〔梵 Nanda〕 (1)釈迦の異母弟。のち出家し,感官を統御する力において仏弟子中の第一であったという。孫陀羅難陀。 (2)釈迦の弟子の一人。牧牛難陀。 (3)「難陀竜王」に同じ。 ; 【何だ】 ※一※ ① (感) (1)とがめる気持ちを表す語。 「―,こんなこともわからないのか」「―,めそめそするな」 (2)期待・予想などがはずれたときの,意外な気持ちを表す語。 「―,こ
  • なんだ-かんだ:    (「なんだかだ」とも)(1)あれやこれや。あれこれ。いろいろ。「―(と)準備が大変です」「―(で)一万円もかかった」(2)ああだこうだ。あれこれ。「―言ってる場合じゃない」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 誕生日が近くなると 毎年ああなんだ
  2. お前と副団長さんはどうしていつもああなんだ
  3. あ?なんだボウズ 風邪か?う うん...。
  4. そうじゃない - じゃあなんだ?
  5. そうじゃない - じゃあなんだ?

隣接する単語

  1. "あなやまばいせつ" 意味
  2. "あなやま-ばいせつ" 意味
  3. "あなり" 意味
  4. "あなりつ" 意味
  5. "あなん" 意味
  6. "あな尊" 意味
  7. "あな-いち" 意味
  8. "あな-いと" 意味
  9. "あな-うさぎ" 意味
  10. "あなりつ" 意味
  11. "あなん" 意味
  12. "あな尊" 意味
  13. "あな-いち" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社