あのかた 意味

発音を聞く:
  • 【彼の方】
    三人称。
    「あの人」より敬意をこめていう語。「―はどなたかしら」

  • あの-かた:    [4][3] 【彼の方】 (代)三人称。「あの人」より敬意をこめていう語。「―はどなたかしら」
  • のかた:    【野方】 〔「のがた」とも〕 (1)農事などに関する方面。 「いかさま―の御奉公と承りぬ/浄瑠璃・用明天皇」 (2)高地などの開墾したところ。高台の耕作に適しないところ。
  • あきのかた:    【明きの方】 「恵方(エホウ)」に同じ。

例文

  1. ヨルダンの向こうであなたと一緒にいたことがあり、そして、あなたがあかしをしておられたあのかたが、バプテスマを授けており、皆の者が、そのかたのところへ出かけています。
  2. 個々の神無ノ鳥が、その役割を終えるべきかどうかを判断するのは、常闇の間(とこやみのま)にいる「あの方(あのかた)」と呼ばれる存在であり、これは神無ノ鳥たちを取り締まる地位にある。

隣接する単語

  1. "あね-むこ" 意味
  2. "あね-むすめ" 意味
  3. "あの" 意味
  4. "あのあたり" 意味
  5. "あのう" 意味
  6. "あのくかんのん" 意味
  7. "あのくたらさんみゃくさんぼだい" 意味
  8. "あのくたら-さんみゃく-さんぼだい" 意味
  9. "あのくだっち" 意味
  10. "あのあたり" 意味
  11. "あのう" 意味
  12. "あのくかんのん" 意味
  13. "あのくたらさんみゃくさんぼだい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社