あのころ 意味

発音を聞く
  • 過去についていう
  • あのこ:    【彼の子・彼の娘】 (1)三人称。年少の子や若い女性に対して使う。 (2)二人称。近世,遊里で禿(カムロ)を呼ぶ時に用いる。おまえ。 「こう―,いい子だ,どうぞ若衆をちよつとよんできてくんな/洒落本・野良の玉子」
  • えのころ:    【犬子・犬児・狗児】 (1)犬の子。えのこ。 「―一疋来るをとらへて抱き/咄本・昨日は今日」 (2)エノコログサ。
  • えのころ-ぐさ:    ヱノコ― [4] 【狗尾草】イネ科の一年草。路傍に普通に見られる雑草。高さ30~50センチメートル。茎は叢生(ソウセイ)し,基部で分枝する。夏,茎頂に緑色の円柱状で芒(ノギ)の多い,子犬の尾に似た花穂をつける。ネコジャラシ。[季]秋。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. このドレスはあのころは流行していた。
  2. あのころはお昼を食べに家へ帰ったものだ。
  3. あのころはコーヒー1杯が200円だったよ。
  4. あのころ私達は憎み合っていた。
  5. 今だから言えるんだけど、あのころメアリーのこと好きだったんだ。

隣接する単語

  1. "あのくだっ-ち" 意味
  2. "あのくらい" 意味
  3. "あのく-かんのん" 意味
  4. "あのぐらい" 意味
  5. "あのこ" 意味
  6. "あのさあ" 意味
  7. "あのさん" 意味
  8. "あのつ" 意味
  9. "あのてこのて" 意味
  10. "あのぐらい" 意味
  11. "あのこ" 意味
  12. "あのさあ" 意味
  13. "あのさん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社