あば綱 意味

発音を聞く:
  • 浮子綱
  • あば:    【網端・浮子】 (1)網の端(ハシ)。《網端》 (2)〔多く(1)につけることから〕 漁網につける浮子(ウキ)。中空のガラス球・プラスチック球・コルク・樽(タル)など。また,ときに錘(オモリ)の石をいうこともある。あんば。《浮子》
  • あばく:    【褫く】 〔「あはく」と清音とも〕 (1)くずれ落ちる。 「塗れる金―・け落つ/霊異記(中訓注)」 (2)気がゆるむ。油断する。 「打解け―・けたらん所へ/盛衰記 42」 ; 【暴く・発く】 〔古くは「あはく」と清音か〕 (1)土を掘って,埋めたものを取り出す。 「墓を―・く」「兵士等心得て忽ち穴を―・く/信西(潤一郎)」 (2)他人の秘密や悪事・欠点などを探り出して,公表する。暴露する。
  • あばた:    【痘痕】 〔梵 arbuda(かさぶた)からか〕 天然痘にかかって治ったあと,顔の皮膚に残る小さなくぼみ。じゃんこ。 「―面(ヅラ)」 ――も靨(エクボ) ほれてしまうと欠点まで好ましく見える意。

隣接する単語

  1. "あば・く" 意味
  2. "あば・る" 意味
  3. "あば・れる" 意味
  4. "あば擦れ" 意味
  5. "あば擦れ女" 意味
  6. "あば-ずれ" 意味
  7. "あば-よ" 意味
  8. "あひさん" 意味
  9. "あひる" 意味
  10. "あば擦れ" 意味
  11. "あば擦れ女" 意味
  12. "あば-ずれ" 意味
  13. "あば-よ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社