あびる 意味

発音を聞く:
  • 【浴びる】
    (1)水などを大量に,体全体に受ける。かぶる。他人にかけられる場合と,自分自身がかける場合とがある。
    「トラックのはねた泥水を―・びる」「シャワーを―・びる」
    (2)光線やたくさんの細かいものを体全体に受ける。かぶる。
    「舞台でライトを―・びる」「ほこりを―・びる」「集中砲火を―・びる」
    (3)大勢の人から非難・賞賛や質問の言葉を受ける。
    「非難を―・びる」「喝采(カツサイ)を―・びる」
    〔「浴びせる」に対する自動詞〕
    ︱慣用︱+もっと...
  • フットライトをあびる:    フットライトを浴びる
  • あび:    【阿鼻】 〔仏〕 〔梵 Avīci の音訳「阿鼻旨」の略。無間(ムゲン)と訳す。間断なく,の意〕 八大地獄の第八。地下の最深部にある最悪の地獄。五逆などの大悪を犯した者が落ち,火の車・剣の山などで絶え間なく苦しみを受ける所とされる。阿鼻地獄。阿鼻叫喚地獄。無間地獄。阿鼻焦熱地獄。 ; 【阿比】 アビ目アビ科の水鳥。全長60センチメートルほど。冬羽の背はまだらのある黒褐色,顔から腹は白色。夏羽の
  • びる:    〔動詞上一段型活用〕 名詞,またはそれに準ずる語に付いて動詞を作る。そのものらしくふるまう。そのものらしい様子をする,それに近い状態になる,などの意を表す。 「おとな―」「いなか―」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. その殺人犯は今や注目をあびる人間だ。
  2. ここはあびるちゃんの家のお風呂。
  3. 私はそういう注目あびるの好きなんだけどね――
  4. こっちも非難の嵐を あびるのよ
  5. こっちも非難の嵐を あびるのよ

隣接する単語

  1. "あびせる" 意味
  2. "あびせ-か・ける" 意味
  3. "あびせ-たおし" 意味
  4. "あびだつま" 意味
  5. "あびらうんけん" 意味
  6. "あび・す" 意味
  7. "あび・せる" 意味
  8. "あび-きょうかん" 意味
  9. "あび-じごく" 意味
  10. "あびだつま" 意味
  11. "あびらうんけん" 意味
  12. "あび・す" 意味
  13. "あび・せる" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社