あぶみ-ずり 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【鐙摺】

    (1)播磨(ハリマ)革などで作った,簡単な障泥(アオリ)。
    (2)馬の横腹の,鐙の当たる部分。また,そこにできるたこ。[和名抄]
    (3)当世具足の脛当(スネアテ)の鉸具(カコ)の当たる部分。かこずり。

  • あぶみずり:    【鐙摺】 (1)播磨(ハリマ)革などで作った,簡単な障泥(アオリ)。 (2)馬の横腹の,鐙の当たる部分。また,そこにできるたこ。[和名抄] (3)当世具足の脛当(スネアテ)の鉸具(カコ)の当たる部分。かこずり。
  • あぶみ:    【鐙】 (1)〔「足踏(アブミ)」の意〕 馬具の一。鞍(クラ)の両脇から馬の脇腹にたらし,乗り手が足を踏みかけるもの。 (2)縄ばしご状の登山用具。足場に乏しい岩壁を登る時に使う。
  • ゆずりぶみ:    【譲り文】 「譲り状」に同じ。

隣接する単語

  1. "あぶみ-がしら" 意味
  2. "あぶみ-がわ" 意味
  3. "あぶみ-がわら" 意味
  4. "あぶみ-ぐわ" 意味
  5. "あぶみ-こつ" 意味
  6. "あぶみ-つり" 意味
  7. "あぶやまこふん" 意味
  8. "あぶやま-こふん" 意味
  9. "あぶら" 意味
  10. "あぶみ-ぐわ" 意味
  11. "あぶみ-こつ" 意味
  12. "あぶみ-つり" 意味
  13. "あぶやまこふん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社