あぶらずさ 意味

発音を聞く:
  • 【油苆】
    菜種油をしぼる麻袋の廃物をときほぐして作った苆。防水性に富み,屋根・壁などの漆喰(シツクイ)に用いる。

  • あぶら-ずさ:    [3] 【油苆】菜種油をしぼる麻袋の廃物をときほぐして作った苆。防水性に富み,屋根・壁などの漆喰(シツクイ)に用いる。
  • あぶらずみ:    【油墨】 堅油(カタアブラ)に油煙の粉をまぜた顔料。歌舞伎役者などが眉(マユ)や髭(ヒゲ)をかくのに使う。
  • あぶら:    【油・脂・膏】 (1)動物の組織や植物の種子あるいは石油・石炭などの鉱物から抽出される,水に溶けにくく燃えやすい物質。食用・灯火・減摩剤・燃料など多くの用途がある。 (2)特に,動植物の脂肪・油脂。一般に各種の高級脂肪酸のグリセリン-エステルからなる。 〔常温で液体のものを「油」,固体のものを「脂」,特に肉の脂肪を「膏」と書く〕 (3)活動の原動力となるもの。 「―が切れた」 (4)人の皮膚か

隣接する単語

  1. "あぶらじみた声" 意味
  2. "あぶらじみる" 意味
  3. "あぶらじょうもん" 意味
  4. "あぶらすすき" 意味
  5. "あぶらすまし" 意味
  6. "あぶらずみ" 意味
  7. "あぶらぜみ" 意味
  8. "あぶらだま" 意味
  9. "あぶらちゃせん" 意味
  10. "あぶらすすき" 意味
  11. "あぶらすまし" 意味
  12. "あぶらずみ" 意味
  13. "あぶらぜみ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社