あべ-の-なかまろ 意味

発音を聞く:
  • 【阿倍仲麻呂】
    (698-770) 奈良時代の文人・遣唐留学生。中国名,朝衡。717年,渡唐。玄宗に寵遇され,李白・王維らと交友があった。海難のために帰国が果たせず,在唐五十余年,同地に没す。「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の歌で有名。

  • あべのなかまろ:    【阿倍仲麻呂】 (698-770) 奈良時代の文人・遣唐留学生。中国名,朝衡。717年,渡唐。玄宗に寵遇され,李白・王維らと交友があった。海難のために帰国が果たせず,在唐五十余年,同地に没す。「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の歌で有名。
  • ふじわら-の-なかまろ:    フヂハラ― 【藤原仲麻呂】(706-764) 奈良後期の廷臣。武智麻呂(ムチマロ)の子。叔母光明皇太后の信を得て,左大臣橘諸兄と対立。757年橘奈良麻呂の変を制圧し,58年恵美押勝(エミノオシカツ)の名を受け,のち太師(太政大臣)となって専権をふるった。孝謙上皇が道鏡を寵愛(チヨウアイ)したので,その排除を策して失敗,近江で妻子らとともに殺された。
  • たなか-あかまろ:    【田中阿歌麿】(1869-1944) 日本の湖沼学・陸水学の創始者。東京生まれ。田中不二麻呂の長男。全国の湖沼の科学的調査を開始し,また湖沼学普及に努めた。1931年,日本陸水学会を創立。

隣接する単語

  1. "あべ-のぶゆき" 意味
  2. "あべ-の-うちのまろ" 意味
  3. "あべ-の-くらはしまろ" 意味
  4. "あべ-の-さだとう" 意味
  5. "あべ-の-せいめい" 意味
  6. "あべ-の-ひらぶ" 意味
  7. "あべ-の-むねとう" 意味
  8. "あべ-の-やすな" 意味
  9. "あべ-の-よりとき" 意味
  10. "あべ-の-さだとう" 意味
  11. "あべ-の-せいめい" 意味
  12. "あべ-の-ひらぶ" 意味
  13. "あべ-の-むねとう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社