あまくさ-ばん 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【天草版】

    キリシタン版の一。文禄・慶長(1592-1615)頃,イエズス会士が天草で印刷した活字版の本。ローマ字書きのものが多く,当時の口語資料として貴重。「伊曾保物語」「平家物語」など。天草本。

  • あまくさばん:    【天草版】 キリシタン版の一。文禄・慶長(1592-1615)頃,イエズス会士が天草で印刷した活字版の本。ローマ字書きのものが多く,当時の口語資料として貴重。「伊曾保物語」「平家物語」など。天草本。
  • あまくさ:    【天草】 「天草諸島」の略。 ; 【甘草】 植物カンゾウの異名。
  • あまくさ-いし:    [4] 【天草石】天草下島の西海岸地方に産する良質の陶石。流紋岩が熱水変質をうけてできたもの。主成分は石英。絹雲母・カオリン・長石を伴う。白色緻密で,白色磁器・高圧碍子(ガイシ)などに利用。茶碗石。天草陶石。

隣接する単語

  1. "あまくさ-ごきょう" 意味
  2. "あまくさ-しょとう" 意味
  3. "あまくさ-しろう" 意味
  4. "あまくさ-とうせき" 意味
  5. "あまくさ-の-らん" 意味
  6. "あまくだす" 意味
  7. "あまくだり" 意味
  8. "あまくだりびと" 意味
  9. "あまくだり-びと" 意味
  10. "あまくさ-とうせき" 意味
  11. "あまくさ-の-らん" 意味
  12. "あまくだす" 意味
  13. "あまくだり" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社