あまだぐあん 意味

発音を聞く:
  • 【天田愚庵】
    (1854-1904) 歌人。磐城(イワキ)国平の生まれ。幼名,甘田久五郎。号,鉄眼。戊辰戦争後全国を流浪,山岡鉄舟・清水次郎長と交わる。正岡子規に先んじて万葉調の歌を詠んだ。

  • あまだ-ぐあん:    【天田愚庵】(1854-1904) 歌人。磐城(イワキ)国平の生まれ。幼名,甘田久五郎。号,鉄眼。戊辰戦争後全国を流浪,山岡鉄舟・清水次郎長と交わる。正岡子規に先んじて万葉調の歌を詠んだ。
  • ぐあん:    【具案】 (1)原案を立てること。また,その案。 (2)一定の手段・方法がそなわった案。 ; 【愚案】 (1)くだらない考え。愚考。 (2)自分の考えを謙遜していう語。愚見。 「手近いところで―いたしますれば/安愚楽鍋(魯文)」 ――に落・つ 納得する。ふにおちる。 「何とも―・ち申さず/浄瑠璃・吉野忠信」
  • あまだ:    【天田】 姓氏の一。

例文

  1. 天田愚庵(あまだぐあん 嘉永7年7月20日(1854年8月13日) - 明治37年(1904年)1月17日)は、日本の江戸時代から明治の歌人。

隣接する単語

  1. "あまた-くだり" 意味
  2. "あまた-たび" 意味
  3. "あまた-ところ" 意味
  4. "あまだ" 意味
  5. "あまだい" 意味
  6. "あまだな" 意味
  7. "あまだむ" 意味
  8. "あまだり" 意味
  9. "あまだれ" 意味
  10. "あまだ" 意味
  11. "あまだい" 意味
  12. "あまだな" 意味
  13. "あまだむ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社