あまつ-そら 意味

発音を聞く:
  • 【天つ空】
    (1)空。大空。あまつみそら。「―にも例に違へる月日,星の光見え/源氏(薄雲)」
    (2)遠い所。また,まったく縁がないこと。「―なる人を恋ふとて/古今(恋一)」
    (3)宮中。雲の上。「ことの葉を―まで聞こえあげ/古今(雑体)」
    (4)心の落ち着かないさま。うわのそら。「我(ア)が心―なり土は踏めども/万葉 2887」

  • あまつそら:    【天つ空】 (1)空。大空。あまつみそら。 「―にも例に違へる月日,星の光見え/源氏(薄雲)」 (2)遠い所。また,まったく縁がないこと。 「―なる人を恋ふとて/古今(恋一)」 (3)宮中。雲の上。 「ことの葉を―まで聞こえあげ/古今(雑体)」 (4)心の落ち着かないさま。うわのそら。 「我(ア)が心―なり土は踏めども/万葉 2887」
  • あまつ:    【天つ】 〔「つ」は「の」の意の上代の格助詞〕 天の。天にある。天上界に所属する。
  • あまつかぜ:    【天つ風】 空を吹く風。 「―雲の通ひ路吹きとぢよ/古今(雑上)」

隣接する単語

  1. "あまつ-かみ-の-よごと" 意味
  2. "あまつ-くに" 意味
  3. "あまつ-くもい" 意味
  4. "あまつ-さえ" 意味
  5. "あまつ-しるし" 意味
  6. "あまつ-つみ" 意味
  7. "あまつ-ひつぎ" 意味
  8. "あまつ-みおや" 意味
  9. "あまつ-みかど" 意味
  10. "あまつ-さえ" 意味
  11. "あまつ-しるし" 意味
  12. "あまつ-つみ" 意味
  13. "あまつ-ひつぎ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社